第二次世界大戦以降の 魔女狩りをしたり黒人差別をしたりす

第二次世界大戦以降の 魔女狩りをしたり黒人差別をしたりす。キリスト教は現代でも、神とやらに対しては卑屈で、異教徒には傲慢です。歴史的に、キリスト教を信仰した多くの人は、
魔女狩りをしたり、黒人差別をしたりする傾向にあるようです

なぜでしょうか ヴァーチャル大学まっちゃま図書館。しかし。混血の娘のメアリーが黒人であるが故に日本で様々な差別を受け。友達
もいない現実を見てニューヨークに行く決意をする。こういう。終戦後のGHQ
の支配の下でアメリカ人と国際結婚した女性のことを「戦争花嫁」と呼ぶらしい
。第二次世界大戦以降の。そして, 法的には黒人への差別がほぼ撤廃され, ?ブラッ ク?イズ?
ビューティフル? というスローガンが掲げられ, また, アフロ? 英米評論 №
─ ─ アメリカン宣言 が行われた年代末になると, 黒人小説
もこれを反 映し

Blog。レイバーデイを過ぎますと。途端に秋が近づいて来たなあ。と。日ごとに
日の入りも早くなっておりますし。そんな時期に「もうそろそろかなあ」とふと
思い出すのがラム?ウールのセーターなのです。丸首ラウンド?

キリスト教は現代でも、神とやらに対しては卑屈で、異教徒には傲慢です。聖書には、異教徒は殺せ、と書いてあります。処女はお前たちのためにとっておけ。それ以外は殺せ、とも。そもそもそう言う教えですからしたかありません。でた、悪意の質問。みんなアンタと同じ罪人だからだよ。キリスト教信じてなくても差別があるのとおんなじ!あなたはクリスチャンに何求めてるの??そうですねー極めて独善的な聖書の思想によるものです。現代の脳科学や心理学の研究によれば、人は自然の状態では他者を傷つけることは苦痛なことだそうです。けれど、いったん相手が罪人であるとか神の敵であるという理由付けができて仕舞えば、嬉々として殺すことができるようになります。なので、キリスト教が他者異教徒、異端者罪人とみなす教えキリスト教徒以外は罪人とする善悪二元論なのが、その理由でしょう。キリスト教歴史的悪行は、異端狩り、ユダヤ人への執拗にに繰り返された迫害と殺戮、魔女狩り、帝国主義の侵略との共犯関係、た宗教教の人々への迫害、そして人類の歴史上最大のジェノサイドであるアメリカンホロコーストなどカルト宗教という言葉では言い尽くさない悪逆非道の歴史です。それらのことを起こした根源的原因は、聖書の思想が極めて独善的で、キリスト教を信じないものはそれだけでキリスト教団の神の怒りを受けた罪人とするものだからです。さらに、人間の最大のエゴ的な欲望である「永遠の命」に固執するものだからです。新進気鋭の聖書学者上村 静はキリスト教の暴力性を次の様に批判しています。キリスト教の露骨な暴力は、たまたまクリスチャンの中にも暴力的な人がいることに由来するものではなく、キリスト教の根幹たる救済論そのものに内在する暴力エゴイズムの顕在化である。その暴力はイエスな弟子たちが作り上げたキリスト神話にすでに内包されていたものであるが、パウロはそれを倫理主義という形に確立したと言える。新約聖書と旧約聖書 p235からp236上村 静 宣教にはキリスト教のエゴイズムの問題があります。エゴイズムとは自我への執着。キリスト教はエゴイズムに肯定的です。救済とは『永遠の命』を得ることですから、キリスト教とは自我の究極の願いを成就させてくれる宗教だということになります。イエスの言葉とキリスト教の神ヤハウェ の命令隣人愛を唱えイエスやヤハウェは他面、復讐心の強い人を許さない者なのでキリスト教徒もこれを見習ったのです。マルコ福音書16/16 新共同訳信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。イエスは弟子たちの勧誘に耳を貸さない街は、 それだけでソドムとゴモラより酷い目に合わすと恫喝しています。●マタイ10:14あなたがたを迎え入れもせず、あなたがたの言葉に耳を傾けようともしない者がいたら、その家や町を出て行くとき、足の埃を払い落としなさい。15はっきり言っておく。裁きの日には、この町よりもソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む。」マタイ福音書、10:34「わたしが来たのは地上に平和をもたらすため???ではなく、剣をもたらすため」であると言い、また、「わたしは敵対させる. ために . しかも主イエスは、21節にもあるように、血を分けた親子が、兄弟が殺し合う、. 敵となる、隣人愛をかったる人は皆罪人 原罪ローマ書簡5:12[編集]このようなわけで、ひとりの人によって、罪がこの世にはいり、ーーーーーーイエスを信じるものは義人とされるガラテア2:16人は律法の業によって義とされず イエス?キリストの信 によってのみ[義とされる]ことを知って わたしたちもまたイエス?キリストを信じたのである信者は永遠の命 未信者は神の怒りヨハネの福音書3:36.御子を信じる者は永遠のを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。』信じないものは滅びる第2テサロニケ書簡2/12こうして、真理を信じないで不義を喜んでいた者は皆、裁かれるのですヨハネ福音書8/24だ、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、わたしは言ったのである。『わたしはある』ということを信じないならば、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。」ヘブル人への手紙9:27そして、一度だけ死ぬことと、死んだ後さばきを受けることとが、人間に定まっているように、人間は必ず死後に復活させられ、御子イエスによって審判を受けます。しかしイエスをキリスト救世主と信じ、その教えに従う者は裁きを受けず、天国へと召されますキリスト教にとって神とはキリスト教団の神だけで異教の神々は悪魔です。聖書では、「異教」の神に仕えるよう誘う人に対しては ;??このような者は必ず殺さねば ならない申命記13.10あなたのかたくなな、悔い改めのない心のゆえに、あなたは、神の正しいさばきの現れる怒りの日のために神の怒りを、自分の身に積んでいるのである。神は、おのおのに、そのわざにしたがって報いられる。すなわち、一方では、耐え忍んで善を行って、栄光とほまれと朽ちぬものとを求める人に、永遠のいのちが与えられ、他方では、党派心をいだき、真理に従わないで不義に従う人に、怒りと激しい憤りとが加えられる。、、、神には、かたより見ることがないからである?ローマ2:5-11異教の神に誘うものは親兄弟でも殺せ申命記13:6同じ母に生れたあなたの兄弟、またはあなたのむすこ、娘、またはあなたのふところの妻、またはあなたと身命を共にする友が、ひそかに誘って『われわれは行って他の神々に仕えよう』と言うかも知れない。これはあなたも先祖たちも知らなかった神々、13:9必ず彼を殺さなければならない。彼を殺すには、あなたがまず彼に手を下し、その後、民がみな手を下さなければならない。ーーーーーーーーーーーーーーー異教の神殿は破壊せよ申命記 . 7:5 あなたのなすべきことは、彼らの祭壇を倒し、石柱を砕き、アシェラの像を粉々にし、偶像を火で焼き払うことである。聖書には偶像を燃やせという文言もあります。申命記 . 7:5 あなたのなすべきことは、彼らの祭壇を倒し、石柱を砕き、アシェラの像を粉々にし、偶像を火で焼き払うことである。12:1 これは、あなたの父祖の神、主が、あなたに与えて所有させようとしておられる地で、あなたがたが生きるかぎり、守り行なわなければならないおきてと定めで ある。12:2 あなたがたが所有する異邦の民が、その神々に仕えた場所は、高い山の上であっても、丘の上であっても、また青々と茂ったどの木の下であっても、それをこと ごとく必ず破壊しなければならない。 12:3 彼らの祭壇をこわし、石の柱を打ち砕き、アシェラ像を火で焼き、彼らの神々の彫像を粉砕して、それらの名をその場所から消し去りなさい。12:29 あなたが、はいって行って、所有しようとしている国々を、あなたの神、主が、あなたの前から断ち滅ぼし、あなたがそれらを所有して、その地に住むように なったら、12:30 よく気をつけ、彼らがあなたの前から根絶やしにされて後に、彼らにならって、わなにかけられないようにしなさい。彼らの神々を求めて、「これらの異邦の民 は、どのように神々に仕えたのだろう。私もそうしてみよう。」と言わないようにしなさい。12:31 あなたの神、主に対して、このようにしてはならない。彼らは、主が憎むあらゆる忌みきらうべきことを、その神々に行ない、自分たちの息子、娘を自分たちの 神々のために、火で焼くことさえしたのである。13:15 あなたは必ず、その町の住民を剣の刃で打たなければならない。その町とそこにいるすべての者、その家畜も、剣の刃で聖絶しなさい。13:16 そのすべての略奪物を広場の中央に集め、その町と略奪物のすべてを、あなたの神、主への焼き尽くすいけにえとして、火で焼かなければならない。その町は永 久に廃墟となり、再建されることはない。13:18わたしはその偶像をことごとくこわす。 これは遊女の価から集めたのだ馬鹿だからです。どれくらい馬鹿なのかと言いますと、同じ宗教の信者たちを皆殺しにするくらい馬鹿です。長崎に落とされた原爆でどれだけの教会が消滅したことか??。唯一の神、ただひとつの真理、キリスト以外に救いはない、こういうことをよく考えもせず鵜呑みにして、自分はそこに属しているから正しい、属していない人々は間違っている、だから救済、矯正の対象であるとして下に見る憐れみの眼差しで見る、このような人が大多数だったし今もそうだからと思います。結局のところ、もはやキリスト教は自分を神とする宗教でしかありません。厄介なのは、クリスチャンと呼ばれる人たちは、不都合な事実を示されれば、「それはキリスト教ではない」「彼らはクリスチャンとは言えない」と逃げることで、あたかも本当のキリスト教が存在するかのように思考し続けるので、つける薬がないことです。よって反省が生まれ得ず、残念ながら歴史は繰り返されます。本当のキリスト教とは何か、それをあなたが見せてください、こう言われて応じられる人はまずいません。殴るためにほっぺたを差し出す人がいるかもしれませんが、そういうことは誰も求めないですよね。でもそれをすればクリスチャンであることを示せると考える人もいます差別に立ち向かったのもクリスチャンだと言い出す人は必ず出るものですが、シンプルに考えてください。世界には自分のことしか考えられない人間も、人のために立ち上がる人間もいる、ということと思います。ただクリスチャンになると独善的になる傾向があるとは言えるのではないでしょうか。教会の人間は表面的には優しそうだったり柔和そうに見せて、肝心なときに冷たいものですよ。自分たちは正しいという体面を保つためそうしているに過ぎないからです。キリスト教の暗黒はこうした理由によるものと私は考えます。マコトの神を崇めず、偽の神偶像などを神として拝んだり自分のしたいように罪を犯して歩んでいました。だから、神によって滅ぼされるのです。このように、神の殺人命令の正当化が、キリスト教徒によって、極めて平然な態度で行われます。キリスト教の世界宣教の成功は、まさに、この同じ神の殺人命令の論理によってなされました。アメリカ大陸の先住民たちは、この同じ論理によって、抹殺されて、キリスト教国家ができあがりました。そして、新約聖書ヨハネの黙示録によれば、同じ論理によって、未来の人類も殺されることになっていて、マコトのキリスト教徒だけが生き残ることになっています。「オウムはあんな殺人を起こしたのだから偽宗教である」と考える人がいるとしたら、それは大きな間違いです。それは、「愛と赦しと平和」を説く柔和なキリスト教徒が、いったいなぜ、聖書における神の殺人命令を否定できないのかという問いと全く同じものです。そして、その答えは、信仰の原理、すなわち、人間的な判断よりも上位にあると考えられている神の意思を先行させる考え方にあります。信仰者は、常に、自分の「人間的浅はかな判断」や「己の小賢しい知恵」を捨てて、信仰の対象としての超越的な権威聖書や教祖の言葉に従うことを正しいとするのです。だから、信仰者にとって、信仰者である限り、神の殺人命令を否定することはほとんど不可能なのです。それらの悪行は聖書の教えとは関係ないので、本物のクリスチャンの行いではありません。例えば、日本でもキリスト教系の学校がありますが、それらの学校の教師や生徒は常に聖書を読んで神の御心を行うように努力しているわけではありません。ただその学校に属しているだけで、多くの人はクリスチャンではありません。それと同じように、キリスト教国が過去に悪いことばかりしてきたからと言って、聖書の教えに従って差別や迫害をしてきたのではありません。本物のクリスチャンはそういう事は絶対にしません。もし、聖書にそうした悪行を勧める箇所が1つでもあれば示して頂きたいと思います。聖書には矛盾は1つも無く、預言が成就しており、科学的にも正しい事が書かれていて、神の言葉として完全に信頼できます。イエスを救い主と信じて神に立ち返った人は救いを得ており、神の御心を行うようになるので、クリスチャンになった後は悪を行わないようになっていきます。クリスチャンたちの障がい者差別は根深いものです。全員がします。そういう雰囲気の中で生活しているので、自然と他の信者たちも差別者になるのでしょう。キリスト教は、他人に自分の信じてることを押し付けること、をしてきました。宣教の意志とはイデオロギーによる征服への意志のことです。[聖書の中のイエス]が?マルコ16:15–全ての者に、福音をのべ伝えなさい。–信じて洗礼を受ける者は救われ、信じない者は罰せられる。?マタイ7:12–何事でも人々からして欲しいと望むことは、–人々にもそのとおりにせよ。?マタイ28:19–あなた方は行って全ての民をわたしの弟子としなさい。と言ったのは、まさにそのことを意味しています。過去、キリスト教が魔女狩り異端狩り何かを差別したりした理由は、自分が信じている教義を他人に押し付けることを善だと思い込むから、他人の自由を本当は尊敬していないから自由の否定、他人よりも自分の方がエライとヒソカに思っているから平等の否定、他人が自分が信じている教えを信じないことが心から許せないから寛容の否定、キリスト教を信じる自分たちだけが恵みを受ける価値があると思い込んでいるから博愛の否定です。クリスチャンです。いつも決まって神様のせいでに人間が悪くなったという方がおられますが、違います。間違ったことをして神様を悪く言うのは悪い人間が都合のいい解釈をして戦争や差別をしているからです。そして神様はどんな悪い人をも愛している方です。私達人間が過ちを犯しそれを反省する事もなく神様のせいにするのです。つまりどんなに悪い人でもいい人でも神様は「あなた達人間を愛しているのだから誰とでも仲良くしなさい。」と言っているにも関わらずそれが出来ない事の言い訳に差別して、戦争を起こして、神様に逆らっているのです。すべてはそれを行っている人間が悪いのであって、決して神様はそのような事を望んでいるはずがないのです。もし神様の名によって悪行を行う人がいるなら裁ける人は神様だけです。しかし見ている私達は止めようとしたり、阻止する事は出来ます。神様は見ています。困っている人に手を差し伸べる人でありたいと思っています。選民思想だからです。いくらでも拡大解釈して異端、異質をつくる。狂った独裁者の神一人しかおらず選択肢がない。黒人差別などテメーらがアフリカから強制連行しておいて、何百年経っても差別なんてくだらないことをするのは、悪魔が書いた聖書を読むからだ。怒

  • パンサー向井 トム?ブラウンハマりそうな番組か
  • よくあるご質問 今年4月同居の家族亡くなったケースで新年
  • SMITH 間違えてかけてまい終了押たあるい相手の方でな
  • Woman 標高500mの雑木林で巨大キノコ発見
  • スター☆トゥインクルプリキュア スタートゥインクルプリキ
  •  

    Author: sfjsctl

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です