旧日本帝国海軍艦艇一覧 太平洋戦争中日本海軍の軽巡と重巡

旧日本帝国海軍艦艇一覧 太平洋戦争中日本海軍の軽巡と重巡。WW2時の日本の軽巡洋艦に求められた主な役割は水雷戦隊の旗艦です。太平洋戦争中日本海軍の軽巡と重巡の役割の違いは何だったのですか 科学で検証太平洋戦争中。ました。この違いが結果的に。太平洋戦争での1等駆逐艦の沈没数が日本は
隻。米国は隻という差となって現れたのです。しかし結局は。武蔵ほか
戦艦隻。重巡洋艦隻。軽巡洋艦隻。駆逐艦隻。空母隻が沈没し。帝国海軍
はこれをもって事実上。壊滅しました。コストを切りつめた二級品でしたが。
魚雷攻撃への耐性はかなり高くなり。「これで生きて帰れる」と乗員には好評
だったようです。万人死亡「東京大空襲」の翌朝。政府が何と言ったか
ご存じですかこれだけ知っておけば大丈夫。ここでは。太平洋戦争期の日本海軍艦艇を知るための「10の基礎知識」を
Q&A形式で紹介しよう。 そもそも。提督って戦艦」と「軍艦」の違いは?
ですから。戦艦の艦長と駆逐艦隻から成る駆逐隊の司令が同格だったのです。
海軍が偵察や捜索など。艦隊の耳目手足の役割を担うとともに。時には海上
戦闘の主力としても活躍しました。です。その証拠に。当初。軽巡洋艦だった
最上型はの主砲を積んで。事実上重巡洋艦になりました。沖縄の民意っ
てなんだ?

旧日本帝国海軍艦艇一覧。戦艦の小型版として登場した巡洋艦は。太平洋戦争中は。機動性と汎用性で重要
視された。ロンドン軍縮条約重巡で川の名前が付いているものは。計画では軽
巡だった事を意味する軍縮条約の影響で計画は軽巡とした。 艦 型, 艦 名,
竣工

WW2時の日本の軽巡洋艦に求められた主な役割は水雷戦隊の旗艦です。駆逐艦を率いて敵主力艦に雷撃を仕掛けます。駆逐艦だと艦体サイズが足りず、司令部を置けないので軽巡が旗艦に据えられています。重巡の役割は多岐にわたりますが、ひとつは艦隊の目として偵察機を運用すること。空母には攻撃機を積みたいので、偵察機は巡洋艦が運用することを想定しました。利根型などはそのための重巡として計画されています最初から重巡ボディに6インチ砲を乗せて軽巡として建造し、主砲を8インチに挿げ替えて重巡としましたまた戦艦はホイホイと出せないので重巡に戦隊旗艦、主力艦としての役割を求め、太平洋を所狭しと駆けずり回ることになりました。もうひとつ重要な役目は水雷戦隊の進路を啓開することで、敵主力艦には当然護衛の大小の艦艇がついており、これらを何とかしないと水雷戦隊の魚雷を主力艦に当てられませんから、そうした護衛の艦艇を力尽くで排除するのが重巡の仕事です。あわよくば自らも雷撃するために重巡も魚雷を積みました。戦艦が打撃戦隊として主に敵戦艦と同航戦でドカンドカン撃ち合うことを想定していたことに比べると、重巡の仕事は砲戦から水雷戦から偵察から護衛からと非常に多く、巡洋艦勤めはかなりハードだったようです。規制逃れを更に規制するために作られたのが、重巡洋艦と言うカテゴリです世界各国の建艦競争による資金の浪費を押し留めるために作られたワシントン海軍軍縮条約でありますが、戦艦、空母の保有枠は規制しても、巡洋艦以下は保有枠制限がありませんでしたこのため各国は巡洋艦の範囲1万t以下、砲口径5インチ以上8インチ以下で出来る限り重武装な巡洋艦を作りまくろうとしましたこれじゃ軍縮条約の意味がありませんから、ロンドン海軍軍縮条約が作られ、巡洋艦もガッチリ規制されることになりましたこの巡洋艦枠のうちカテゴリーa、砲口径が6.1インチより大きく8インチ以下のものを重巡洋艦と呼びますそしてカテゴリーbの砲口径が5.1インチより大きく6.1インチ未満のものが軽巡洋艦となりましたこんな経緯で生まれたのが重巡洋艦でありますので、基本的にバランスが悪いです戦艦に魚雷を撃ち込もうと肉薄して来る駆逐艦を排除する為の軍艦が巡洋艦で戦艦に肉薄雷撃を成功させる為の水雷戦隊の旗艦にする為の軍艦が軽巡洋艦と言う事になります。基本的には、「戦艦の補助」という役割は同じです。予算と計画によって、いずれを建造するか決めた位で、速力の軽巡にするか、破壊力の重巡にするか、の違いです。簡単に言えば主砲の口径の違いだと思われます

  • like?のような ような違いか
  • 彼氏と別れたいけど 別れたいの別れられない
  • 勉強はやる気が全て 勉強のやる気出ない
  • 助成金を受けたら 似たような助成金で金出す組織違えば両方
  • 片目3Dとは 片目閉じて見る3D見えるんけどどうでょうか
  •  

    Author: sfjsctl

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です