政府の債務 池上彰さんや多くの政治家が言っている国債は国

政府の債務 池上彰さんや多くの政治家が言っている国債は国。国債は国の借金でひいては国民の借金、借金は返さないといけない。池上彰さんや多くの政治家が言っている、国債は国の借金でひいては国民の借金、借金は返さないといけない
というこれまでの弁と 国債は市中銀行を経由して政府が日銀からもらっているものなので実質返す必要はない

という2つの論は結局どっちが正しいのでしょうか

ある国では前者の論が当てはまるが
日本では後者が当てはまる
ということなのでしょうか 1,000兆円の借金を返さなきゃいけない‥嘘。みなさまも… 耳にされてことがあるのではないでしょうか。 「日本はハイパー
インフレになり。マックドナルドのハンバーガー1個円になる」 「消費税は
35%に上げないと。やがては日本は破綻する」 「日本は

私のブログ。以上。神戸新聞?社説から引用したフレーズ。すでに多くの国民周知のことで
新鮮さはどこにもない。自らに甘い体質は。組織のリーダーだけでなく。個々
の政治家にも広がっている。常識を破る。衝撃の名著だ」と言っている。
民間部門の資金余剰に安堵することなく。財政再建ひいては政府債務の削減に
向けて明確な方向性を打ち出すことが。将来不安を地方の「隠れ借金」返済
遅れコロナ禍で財源確保優先 特別会計活用。規律に懸念 日経?/から世良公則が池上彰氏の「国の借金国民負担説」批判に大絶賛の声。世良公則さんが「人々は池上彰氏が発する『国民負担説』を信じている」と。「
財政破綻」論批判を東のある経済学者や専門家が長年これは真実では無いと
否定」と。国債と国民の借金を結びつける報道を批判した。このように。経済
を良くしたり。景気を安定させたりする目的で支出される政治政策を財政出動と
いいます。ないから。さも国民が借金をしているように言うのは詐術である。
というツッコミがもう多くの人からなされている今や「常識」です。

池上彰氏の国債?国の借金?増税の話は嘘なの。この期に及んで増税なんてことになったら日本の中小企業はたまったものでは
ありません。月に池上彰氏がテレビ番組に出演し。持ち前の財政論でコロナ増税
をほのめかしていました。影響力のある人がテレビでこんなこと言っていいの?政府の債務。そんなやりくりしてる国なんて。ほとんどありません。 その通りその前に
税収を超えて歳出してはいけないという論理が。現在の常識では。不可解。 税率
は。ない。 「国は借金だらけでも。国民みんなが持っているお金を集め
たら兆円もあります。こういった池上彰の様な有名人が。平気で嘘八百の
ウソをつきまくってるわけです。多くの銀行の金融資産には。国債に替わって
。多くの円通貨が入るだけで。ただ。経営陣は。困るかも知れない。

デタラメを言って国民をミスリードする池上彰を信じるな。自分はテレビをほとんど観ないので。どんな番組をやっているのかあまりよく
分からないのですが。最近。やたらとネット上で。「池上彰が酷い」という話を
目にします。デタラメを言って国民をミスリードする池上彰を信じるな!
借金は返さないといけないと思っているので。 騙すのまず。池上彰は。国債を
購入するのは国民の預金だと言いました。自国通貨で国債を発行している国は
。この動画は。岩田温さんという大和大学の政治学者の方ですが。池上彰。池上彰氏が”ニュースを見ない人もわかる国家予算“と題して番組で解説してたけど
。日本の国債は借金だから返済は当然という刷り込みに加え。最後は。新型
コロナにおいての万円給付も国の借金だから皆さんが将来働いて返さないと
いけないとか言… この池上彰っマシだった。 でも国債や予算案の話に
踏み込むと。やっぱり「国の借金?国民の借金」の話を持ってきた。国の借金
が…って説明してて結局。政府が給付金出せない理由を言ってくれって言われ
たっぽく聞こえる。

国債は国の借金でひいては国民の借金、借金は返さないといけない。 が正論もうひとつのはほとんど金儲け狙い。どちらかが、嘘をついてるということです。机上の論理からいけば後者が正解です。ただ大きな災害などがあると必ず想定外というワードが使われますが、人間は自分が思っている程頭が良くなく、将来を予知する能力はありません。なので回答としては、どっちが正しいのかは分からないとなります。他の回答では分かり切ったようなことを言う方がいますが、そんなに優れた予知能力があれば、株など投資で大儲けしてアマゾンのべゾス並みの大富豪になっている筈です。でもフォーブスなんかを見ると、今の所そういう日本人はいない模様です。これは自分の頭で考えたら分かることです。 世の中にあるお金は最初にどうやって出現したかという話なんですよ。 政府が発行した国債を日銀が発行したお金で買い取ったから、お金が世の中に出現したんですね。 そのお金を税金で徴収して日銀に返して国債を取り戻せば、お金は世の中から消滅します。 つまり、国債の発行はお金の発行と同じです。なので、国債は借金ではありません。 国債を”借金”だと言う人は、お金の発行の仕組みが分かっていないんですね。 池上氏などは、「銀行は預かったお金を他に貸している」などという嘘を信じているから、何も分かっていない人なのです。現在、国民の預貯金が1000兆円以上ある。国債は、実質これを担保に発行している。国債が預貯金プラス対外純資産を上回れば、いずれ、国家は破綻するだろう。後者のほうが正しいです。参考にこちらをご覧ください『国債は市中銀行を経由して政府が日銀からもらっているものなので実質返す必要はない。』「実質」という言葉をなぜ付けなければいけないのか?そこが重要ではなかろうか…明らかに返す必要はありません。他の国もみんなそうです。■国債=国民黒字です!国債は満期が来たら返済しますが、借り換えているだけですまた新規に国債を発行して借りて、それを返済に当てているだけですそれができるのは、先進国だけです日本の国債は利回りが非常に低いです非常に低い金利でも、お金を貸してくれる企業が日本にはいくらでもいます企業は金余りなので、国債があれば、金余りの範囲でいくらでも購入します国債の直接購入ではなくて銀行預金ですが銀行預金が余っている限り、国債はいくらでも発行できます貸し手がいなくなった場合は、国債の金利が上がります国債の金利が低い以上は、貸し手に困っていません国債が無いと、銀行預金が崩壊します流石に健常者で「債務は義務ではない」と主張している方はいないと思いますよ^^;国の借金と言ってますが正しくは負債例えば、会社が社員に払う給与は、会社側にとっては負債です。会社にとって負債なので、その会社に勤めている方は、会社の負債を返さないといけないそんなことはありません。国もそれと同じ国債は、日本銀行日本政府の子会社が発行してますので、返す必要がない会社の創業者が、自分の子会社の金を一部利用したから返す必要ありますか?自分の金なのですから返す必要なない之と同じことです。基本外国でも同じですが例外は、国債が自国通貨建てでなく、外国債の場合、自国通貨建てなら自国で金が回りますが、外国債の場合は、外国で回り、自国には残りませんので、実質借金になります。財政破綻した国は国債が、外国通貨建ての国です。日本の国債は自国通貨建て、民主主義国家において主権者=国民ですので、その政府の存続を認めているということは政府=国民となりますそうなりますと、内国債では政府=債務者 国民=債権者よって 債権者=債務者となりますので、国内に国債引き受け手個人、日銀、金融機関がある限り自転車操業は成立しますので、事実上返済義務のある借金というモノは存在しませんただし、外債の場合は???そうはいきません「国債は国の借金でひいては国民の借金、借金は返さないといけない。」政府が勝手に借金を作ったのです。国債は市中銀行を経由して政府が日銀からもらっているものなので実質返す必要はないと思います。また借金をしなければ成らないのなら、なぜ節約をしないのでしょうか?国会議員だけを考えても国会議員に、歳費給与とは別に毎月支給される100万円がある。文書通信交通滞在費文通費。税金から支払われているが、領収書の届け出が不要なため、使途がまったくわからない。悪事を働いて雲隠れや病院に逃げ込んだ者にも給与も賞与も支給する。しかし選挙資金に1億5000万円も出す政党も有る。これらから鑑みて国民の借金では無いと思います。民間企業なら即倒産に追い遣られます。笑どっちが正しいかと言われればどっちも正しいとしか言いようがありません。今はどっちか?と言うなら答えようもあるんじゃないかな国の借金は国民の借金です、借金は返さなくてはなりません。此れ常識です。仮にあなたが国債を買ったとして、満期前に政府が日銀からもらっているものなので実質返す必要はない。という理由つけで踏み倒されたらどうしますか?もう国債を買う人は居なくなり、予算が足りなくなっても誰も買わなくなるでしょう。そんな事になったら最終的に困るのは国民ですよ。通貨創造のメカニズムは国の借金が国民のお金になるということですですから国債発行で国民がお金をもらって国民がそのもらったお金を返すわけですが全部返したら国民は無一文になるのである程度国債を発行し続けて国民のお金が無くならないようにする必要があるわけです

  • Brass レーシングドライバーのシンデレラガール誰か
  • 可愛い子あるある 可愛いだのスタイルいいなどよく言われま
  • こんなはずじゃ 画像のような髪型って襟足ようカットされて
  • 最強の格闘技 日本拳法日本ついているくらいだ日本の格闘技
  • サンゴリアス 相手当たっているのだオフサイドでなくないか
  •  

    Author: sfjsctl

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です